○○のお店 本文へジャンプ
連柴柵工等                  人、自然に還る

【河川伝統工法】
木工沈床工等 粗朶沈床工等 柳枝工等 連柴柵工等 片法枠工 聖牛工


【連柴柵工】
 連柴柵工は、杭木に連柴(粗朶をφ150の束に作り上げたもの)を結束することにより柵工を形成し、背面に柳を植えるものです。連柴は柳の根が張るまでの応急的な土留めとして機能し、やがて自然に還ります。この工法は天然素材である粗朶、杭木を使用しているため、自然にやさしい工法です。また、柳が繁茂すると小さな森が形成されるため、鳥類や昆虫類の格好の生息空間となります。
【しがら柵工】
 しがら柵工は、杭木にしがら(柵粗朶)を編み込むことにより柵工を形成し、背面に粗朶あるいは柳粗朶を立てることにより、土砂の流出を防止します。割竹を用いる場合もあります。
 粗朶柵工、編柵工と呼ばれることもあります。


☆ 連柴柵工
■ 戸上川
 発 注 者 : 三重県 桑名土木事務所
 施工場所 : 三重県員弁郡東員町
 施工年度 : 平成10年度
 
■ 青柳調整池
 発 注 者 : 岐阜県 関市役所
 施工場所 : 岐阜県関市下有知
 施工年度 : 平成10年度
 


☆ しがら柵工
■ 鞍ヶ池
 発 注 者 : 愛知県 豊田市役所
 施工場所 : 愛知県豊田市岩滝町
 施工年度 : 平成12年度